カサ・バトリョ

1923年以来のステンドグラスの保存と修復

casa batllo inicio

「カサ・バトリョの正面ファサードのステンドグラスの修復作業によって アントニ・ガウディこのプロジェクトの主な焦点は、「震災復興」であった。 キバス 原作の ガウディは、当時最も重要な工房の一つであったアミーゴ工房と共に、このファサードを手がけた。 度重なる修復の後、ステンドグラスは吹きガラスの一部を失い、より現代的で全体と不釣り合いなプリントガラスに置き換えられていた。 ガウディは シバ吹きガラスで、わずかに波打っている。 この介入により、パネルの一部に鉛を塗る必要があった。 ハウス バトリョサグラダ・ファミリアとともに ファミリアバルセロナで最も観光客の多い建物のひとつ」。ウィキペディア

画像ギャラリー

¿Necesitas ayuda?